老人ホームの種類と費用を比較!老人ホーム・介護施設選びと入所まで

スポンサードリンク

老人ホームの見学の準備と流れ

スポンサードリンク

 

 

@老人ホームの見学は複数おこない比較検討する。
A事前に確認しておきたいことをまとめてから、見学の予約を入れる。
B家族だけではなく、入居者本人も必ず見学をしておく。


 

パンフレットや資料を請求をして気になるホームがあれば、ホームに見学を申し込むのですが、可能な限り多くのホームを見学することをお勧めします。パンフレットの見方でも触れましたが、パンフレットはあくまでも宣伝の意味合いもありますので、実際にホームを訪ねてみると、想像と現実に大きな違いがある場合があるからです。

 

最初の見学で気に入ったホームがあっても、即決しないことも重要です。色々と複数のホームを見比べてみると、それぞれのホームの良い点と悪い点が見えてくるものです。必ず複数のホームを見学して、それぞれのホームの長所と短所を見極めて、慎重にホームを選びましょう。

 

見学をしたいホームが決まれば、電話やホームページなどから見学の申込みをしましょう。パンフレットなどの資料を事前に目を通したうえで、確認しておきたい事項や施設について質問したい事を当日までに決めておきます。当日に聞いたことをメモするための筆記用具やカメラなども用意しておくと安心です。

 

見学の当日は、予約した時間よりも早めに現地に行き、周囲の環境や交通の便などもチェックすると良いでしょう。時間が許すようであれば、朝、昼、夜と違う時間帯での騒音などの、環境の違いも確認出来れば安心です。

 

ホームを決定する場合には、家族とホームに入居する本人とでは、希望や優先事項に違いがあるものです。家族だけの見学で、ホームを決定するのでは無く、入居する本人も必ず一度は見学に行き、よく話し合ったうえで最終候補を絞り込みましょう。

 

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!