特別養護老人ホームと憂慮老人ホームの違い

スポンサードリンク

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違いについて

スポンサードリンク

 

特別養護老人ホームと有料老人ホーム

同じ「老人ホーム」の名称が付く両施設ですが、違いも随分とあります。

 

まず入居の出来る条件が「特別養護老人ホーム」の場合は、要介護1以上の方でないと、入所が出来ません。実際には入居されているほとんど方は要介護4以上の重度の方です。

 

有料老人ホームの場合は、自立した方には「健康型有料老人ホーム」、入所時は自立していても後に介護の必要性が発生しても、介護に対応できる「介護付き有料老人ホーム」など、希望するサービスで入居するホームが選ぶことができます。

 

利用料金も両ホームで開きが大きく、「特別養護老人ホーム」では運営主体が地方公共団体や社会福祉法人「減免制度」もあるので費用は比較的に安く済みます。

 

有料老人ホームは運営が民間企業となり、建物の施設や、豪華な設備などのホームも存在しており、高い料金を設定している場合が多く、入居時に一時金を支払わなければならないホームもあります。

 

「特別養護老人ホーム」では待機者が非常に多く、入所するのが難しいのが現状ですが、「有料老人ホーム」の場合は比較的数も多く、今後も増える傾向ですので、入所は比較的容易と言えるでしょう。

 

特別養護老人ホームと有料老人ホームの違い

特別養護老人ホーム

有料老人ホーム

運営主体

市区町村などの地方公共団体や社会福祉法人 株式会社などの民間企業

対象者

要介護1以上 自立、要介護などの対象者は各ホームで決められる

入居の難易度

重介護かつ緊急度の高い人が優先で、入所の条件はきびしい 各ホームによって異なるが、「特養」よりも入居は用意

入居一時金

不要 入居一時金が必要なところが多いが、不要なホームも増えている

介護保険

施設サービス 自立、居宅サービス、特定施設入居者生活介護

減免制度

前年度の所得により4段階の減免制度がある なし

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!