要介護度の度合いで選ぶ

スポンサードリンク

要介護度の度合いで老人ホーム・介護施設を選ぶ

スポンサードリンク

 

要介護度1以上の人

入所時点で「要介護度1」以上の、介護の必要がある高齢者場合に限定して入居できるのが「介護保険施設」です。

 

介護保険施設には「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」があり、重度の介護の人は「特別養護老人ホーム」、病状が安定していてリハビリ中心の人は「介護老人保健施設」、長期の治療が必要な人は「介護療養型医療施設」というようになります。

 

有料老人ホームでも、特定施設の指定を受けた「介護付き有料老人ホーム」であれば要介護者でも入居することができ、入居者の希望に沿った、きめ細かなサービスがうけられます。

 

認知症の高齢者も介護保険を使った、「認知症対応型共同生活介護」が受けられる「認知症高齢者グループホーム」があり、こちらは「要支援2」以上が条件となります。

 

要介護度の度合いで老人ホーム・介護施設を選ぶ

要介護度によっての入居できる施設
※入居後要介護度が高くなった場合の対応は、個々に条件が異なります。

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!