認知症高齢者グループホームとは

スポンサードリンク

認知症高齢者グループホームとは

スポンサードリンク

 

認知症高齢者グループホーム

「認知症高齢者グループホーム」は、5〜9人を1ユニットに2ユニットまでの少人数で、認知症と診断された要介護の高齢者が共同生活をする施設です。

 

職員のケアのもと、認知症の進行を抑えながら、通常の住宅に近い環境で、入居者用の個室の他に、キッチンや食堂、居間や浴室などの共同施設があり、入居者とスタッフが一緒になって、買い物や調理をするといった、家事を分担しながら生活をします。

 

施設にっよては、認知症の症状が重度で、暴力を振るうなど行動に問題がある場合には、入居が出来ない場合があり、入所者の認知症が重度化して共同生活が出来ないと判断されると、退去を求められる場合がありますので、契約をする前に、諸条件の確認しておくことが重要になってきます。

 

この施設は、地域密着型サービスなので、入居できるのは、原則として施設のある市区町村の住民に限られ、施設数は年々増加傾向で、全国で1000以上の施設があります。

 

 

  認知症高齢者がグループホームで暮らすメリット

大規模な高齢者向け施設

認知症対応型グループホーム

デメリット 大きな施設では、自分がどこにいるのかわからず、迷ってしまいやすい
デメリット 人数が多いと、見知らぬ人に対応できず、些細なことで不安になる
デメリット 認知症特有の症状が理解されにくい
デメリット 他の高齢者、障害者と画一的なケアを受けやすい

 

 

 

 

 

大きなストレスがかかる

症状が悪化する

メリット キッチンやお風呂などの規模が大きすぎず、自宅と似たような環境なので、安心できる
メリット 少数人数のため、周りの人たちと「なじみの関係」が作りやすい
メリット 料理や掃除など、スッタフと見守られながら共同で行うので、危険が少ない
メリット 日常の家事など、過去に体験した役割をまた行うことなどで、自信を取り戻せる

 

落ち着いて、普段の生活を送れるようになる

心が癒され、生活に満足できるようになる

症状の緩和

認知症高齢者グループホーム

 

@要支援1以上の認知症高齢者が少数で生活をする施設。
A家庭的な環境で、家事なども職員と一緒に行い症状の緩和を図る。
B暴力などの問題行動があると退去の場合も。


 

認知症高齢者グループホーム

認知症高齢者グループホームとは
                             適:〇 一部適:△ 不適:×

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!