老人ホーム・介護施設を費用で選ぶ

スポンサードリンク

老人ホーム・施設を費用で選ぶ

スポンサードリンク

 

 

@費用負担が低いのは3つの介護保険施設。
A家賃補助のある施設や住宅は費用が安い。
B有料老人ホームは種類によって料金に大きな差がある。


 

老人ホーム・介護施設を選ぶ際に、受けられる「サービス」と共に重要なの費用の負担額です。

 

要介護度の人でも入居が出来て、比較的費用の負担が少ないのが「介護保険施設」です。

 

特別養護老人ホームは所得による食費や住居費の公的助成もありますから、利用を一番にお勧めはしたいのですが、人気が高く入所待機者が非常に多く、要介護度の低い方は入所は困難でしょう。

 

リハビリが中心の介護老人保健施設介護療養型医療施設の順番で費用は上がり、介護療養型医療施設は、医療ケアの必要がある人向けなので、手厚いサービスが受けられることもあり、他の2施設よりも利用料金は高くなります。

 

認知症高齢者グループホームは、少人数ごとの個別ケアを行っているので、費用は高いと思われがちですが、一般の住宅を改良したものから、新築なの施設や設備の状態により様々で、地域によっても料金は変わってきます。

 

軽費老人ホームも、所得による住居費の軽減があり、食事つきのA型、食事なしのB型共に費用は低額ですが、食事がつくA型の方がB型より、費用は高くなります。

 

軽費老人ホームの一つであるケアハウスも、所得によって利用料金が変わりますので、低所得者の方には、利用しやすい施設と言えるでしょう。

 

介護付き有料老人ホームは、特別養護老人ホームに入居出来ない人の代替施設として、また介護老人保健施設や病院からの受け入れ施設として、数も多くなっています。費用も入居一時金が要らないもの、月々の費用が介護保険施設とあまり変わらないものも出てきており、費用は施設によって大きく変わってきます。

 

利用料金が最も高いのが健康型有料老人ホームで、引退した富裕層が生活を楽しむためのタイプで、高級ホテル並みに設備も豪華ですが、健康でなければ退去しなければなりません。経年と共に介護の必要性が出てくると、併設、提携の介護付き有料老人ホームに移る事になります。

 

費用で見る老人ホームと介護施設

費用で見る老人ホーム・介護施設

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!