介護保険の負担を軽減するしくみ

スポンサードリンク

介護保険の一割負担を軽減できるしくみ

スポンサードリンク

 

お年寄り

介護保険のサービスをいろいろ組み合わせて使うと、利用負担額は高額になってしまいます。1ヵ月に利用した1割の自己負担額がしたの表の限度額を超えたら、申請により超えた分が払い戻されるしくみがあります。

 

「高額介護サービス費の支給」と呼ばれる制度で、第1段階と第2段階は、個人を対象にした上限で、第3段階と第4段階は世帯で合計した上限額です。同一世帯でサービスを利用する要介護者(支援者)が2人以上いる場合、合計をした金額が対象になり、限度額を超えた分は払い戻されます。

 

対象者・自己負担上限額

第1段階

生活保護受給者。老齢福祉年金受給者で、世帯全員が住民税非課税の人

個人で

15,000円/月

第2段階

世帯全員が住民税非課税で、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の人など

個人で

15,000円/月

第3段階

世帯全員が住民税非課税で、第2段階に該当しない人

世帯で

24,600円/月

第4段階

住民税世帯課税の人

世帯で

37,200円/月

※入所・入院(ショートステイ)の食費・居住費(滞在費)、差額ベッド代、日常生活費等の費用、住宅改修及び福祉用具購入の自己負担分は高額(介護予防)介護サービス費の支給対象になりません。

 

 

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!