介護付き有料老人ホームとは

スポンサードリンク

介護付き有料老人ホームとは

スポンサードリンク

 

介護付き有料老人ホーム

「介護付き有料老人ホーム」とは「特定施設入居者生活介護」指定を都道府県から受けた施設で、パンフレットや募集の際に「介護付」と言った表記を認められているのはこのためです。

 

「介護付き有料老人ホーム」は入居時に、要介護度1以上で、職員が介護サービスを提供する「介護専用型」の他に自立、要支援で介護度の低い方でも入居が出来て、介護が必要になると介護専用棟に移動する「混合型」があります。

 

運営に際しては、要支援、要介護の入居者数に対して看護、介護職員の最低数が決まっており、生活相談員、ケアマネージャー、機能訓練指導員も配置されており、入居後に介護度が上がっても、介護サービスを受けながら、施設内で日常生活が送ることが出来ます。

 

「介護付き有料老人ホーム」の多くは、施設のケアマネージャーがケアプランを設計し、施設のスッタフが介護サービスを行う「一般型」ですが、施設のケアマネージャーがアプランを立てて、施設のスッタフが見守りや安否確認の業務を行い、それ以外のサービスを外部事業者に委託する「外部サービス利用型」があります。

 

介護付き有料老人ホームの長所と短所

一般型

     長 所 介護が必要になっても、ホーム内で介護サービスを受けながら生活ができる。

24時間体制で、必要な介護サービスを受けることができる。
特殊なサービスを受けた時以外は、一日の介護費用が一定で安心。

     短 所 介護スタッフの人数が限られ、ホームの事情の介護サービスになりやすい。

通所介護や外部スッタフによる訪問介護を介護保険を使って利用できない。(全額自己負担なら可)
個別の要望に応えてもらえにくい施設もあり、マンネリ化した生活になりやすい。

外部サービス利用型

     長 所 介護が必要になっても、ホーム内で介護サービスを受けながら生活ができる。

通所サービスや外部スッタフによる訪問サービスも介護保険を使って利用でき、各自の希望に沿ったサービスを受けることができる。
ホームにケアマネージャーが常駐しているので、こまめなケアプランのチェックと変更ができる。

     短 所 基本的に、緊急時以外は施設のスタッフは介護を行わないので、チョットしたことが頼みにくい。

利用した介護サービスごとに費用を支払うため、介護保険の限度額を超えてしまい、費用が高額になる事がある。

介護付き有料老人ホーム

 

@「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた事業者が運営。
Aホームで生活しながら介護を受けることができる。
B「一般型」と「外部サービス利用型」の2種類がある。


 

介護専用型の場合

介護付き有料老人ホーム・介護専用型とは
                             適:〇 一部適:△ 不適:×

混合型の場合

介護付き有料老人ホーム・混合型とは
                             適:〇 一部適:△ 不適:×

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!

介護付き有料老人ホームとは関連ページ

住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム