住宅型有料老人ホームとは

スポンサードリンク

住宅型有料老人ホームとは

スポンサードリンク

 

在宅型有料老人ホーム

「住宅型有料老人ホーム」は基本的に食事など生活支援サービスだけを提供する施設です。

 

在宅型と言われる理由が、介護が必要になった場合、ホームで住み続けることは可能ですが、介護サービスを受けるために、入居者または家族の人が、外部の居宅介護支援業者のケアマネージャーにケアプランを作成してもらい外部の介護サービスを利用する点が、一般の住宅に住んでいる場合と同じだからです。

 

介護サービスを受ける際には、入居者とケアマネージャー、介護サービスを提供する事業者ごとに契約する形になりますので、入居者の希望に沿った介護サービスが受けることが出来るのですが、施設のスタッフは介護や介助をしないのでチョットした事が頼めないといった事が起こります。

 

チョットした介護や介助にまで訪問介護を利用してしまうと、介護保険の支給限度額を簡単に超えてしまい、自己負担の金額が増えてしまうのと、ケアマネージャーが常駐していないので、予定外の介護が必要になった場合に、対応が難しい場合があるようです。

 

住宅型有料老人ホームの長所と短所

     長 所 介護が必要になっても、ホーム内で介護サービスを受け(外部のスタッフがおこなう)ながら生活ができる。

通所サービスや外部スタッフの訪問サービスも介護保険で利用することで、入居者の希望に沿った介護が受けられる。

     短 所 緊急時以外、ホームのスッタフは介護や介助を行わないので、チョットしたことを頼める人がいない。

ケアマネージャーが常駐していないので、ケアプランの見直しや変更がしにくい。
利用した介護サービスごとに費用を払う形になるので、介護保険の限度額を超えてしまうと、自己負担額が高額になる。

住宅型有料老人ホーム

 

@食事などの生活支援サービスだけを提供。
Aホームに居住しながら介護を受けることができる。
B介護サービスを受ける場合は入居者が事業者を選んで契約。


 

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは
                             適:〇 一部適:△ 不適:×

老人ホーム探しは、一括で「無料資料請求」が出来る下記のサイトがお勧めです!

老人ホーム探しに資料請求で役立つサイト。見学、体験入所の前にご活用ください。

【かいごDB】

【HOME’S介護】

【ケアプロデュース】



全国30万件の介護事業所の情報があり、「有料老人ホーム」以外の「療養病床」、「介護老人保健施設」など幅広い施設がチェックでき、資料も無料で請求できます。

【かいごDB】はこちら!



全国23,000件以上の高齢者向け住宅情報が掲載されており、お気に入りリストに保存した施設は、あとでまとめて資料請求することができます。

【HOME’S介護】はこちら!



関東の方におすすめ。東京 神奈川 千葉 埼玉を中心に全国1000以上の有料老人ホームを無料で紹介しており、トップページから簡単に資料の一括請求ができます。

【ケアプロデュース】はこちら!

住宅型有料老人ホームとは関連ページ

介護付き有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム